初期iPhoneと現在のiPhoneの違いは?

初期iPhoneとは

初期のiPhoneがリリースされたのは2007年のことです。初期のモデルに比べると、現在のモデルは相当に進化していることがわかります。今では当たり前になっていることが、初期のiPhoneでは実現できていなかったのです。当サイトではiPhoneがどう進化していったのかについて取り上げますが、このページではまず、初期のモデルがどういうものだったのかを振り返ってみましょう。

まず、セットアップをおこなうにあたって、パソコンがなければいけませんでした。次に見た目ですが、カラーバリエーションがなかったのが特徴のひとつです。色の選択肢はブラック1色のみであり、壁紙を変えることもできませんでした。形は角が丸みを帯びており、本体は現在のモデルより若干大きいと感じる程度です。

そのほか、機能についてですが、回線は2Gで現在のiPhoneと比べると速度は非常に遅かったといえるでしょう。また、今からすると信じられないと思うかもしれませんが、App Storeは初期のiPhoneがリリースされた頃はまだ存在しなかったのです。ディスプレイの解像度も今と比べると低く、カメラも現在のモデルのように美しい写真の撮影はできませんでした。ほかには、画面をヨコに回転させてメールを入力することも、写真や動画のメッセージでの送信も無理だったのです。

このように、今のiPhoneと比べるとさまざまな要素で劣る初期モデルですが、当時はタッチパネルでの操作をはじめ、革新的なものとして受け入れられていきました。初期モデルからこれまで多くのモデルがリリースされており、新しいモデルになるたびに進化を遂げていったのです。

 
 
 
 
 
 
Copyright © 初期iPhoneと現在のiPhoneの違いは? All rights reserved.